スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高崎居酒屋 居酒屋とスペインバルが融合した進化形店舗って!?

みんなでワイワイ楽しむ女子会。でも「おいしい食事がメインの目的。お酒は少しでいいから」という人や、「ガッツリ飲みたい!」という人もいますよね? みんなが満足できるお店なんてないかも…と思っていたら、とうとう発見しちゃいました。4月12日(火)、青山一丁目にオープンした「IZAKAYA BAR セニョールどいちゃん」なら、みんなの希望がかないそう。ココは、食事とお酒をしっかり楽しめる居酒屋と、ワイン片手に賑やかに語り合うスペインバルが融合した進化形の新店舗。お店のコンセプトを店長の高橋春彦さんに聞いてみると…。

「スペインの街角にある、ご近所さんがワイワイ集まる立ち飲みバルをイメージしています。店内に入るとオープンキッチンがあり、食欲をそそるガーリックとオリーブオイルの香りが店中にあふれています。サクッと1杯の立ち飲み席も、お料理とワインをしっかり楽しむテーブル席もご用意していますので、その時の気分に応じてご利用いただけますよ。」

なるほど、これなら女子会だけではなく、“おひとりさま”でも気軽に利用できそう。気になる食事&ドリンクメニューのことも教えて!

「旬の新鮮素材をライブ感たっぷりのオープンキッチンの鉄板で焼き上げて提供します。特におすすめは『鉄板パエリア』。30人前分の大きな鉄板で一気に炊きあげる、魚介の風味たっぷりの特製パエリアです。炊きあがりの合図は鐘の音。この鐘の音とともに客席までお持ちしますので、スタッフに声を掛けてください。19時と21時頃の1日2回のみなので、ぜひ、タイミングを合わせてご賞味いただきたい逸品です。また、ワインのボトルサイズがグラス1.5杯分の187mlから3Lまで豊富に揃っているので、『もう1本どうしよう?』という時に迷わず選べるという点も女子会では好評ですよ。」(同)

東京メトロの半蔵門線、銀座線、都営地下鉄の大江戸線が乗り入れる青山一丁目駅から直結というアクセスのよさも魅力。次の女子会は、都心で陽気なスペイン気分を味わうのはどう?【オズモール】

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋
スポンサーサイト

高崎居酒屋 生肉食中毒事件うけ スーパーや飲食店、奈良市が立ち入り調査

富山、福井両県などの焼き肉チェーン店でユッケなどを食べた4人が死亡した集団食中毒事件を受け、奈良市は9日、現行の衛生基準を満たしているかどうか市内の飲食店や食肉販売店、食肉処理業者などへの立ち入り調査を始めた。

 同市によると、生食用として牛肉などを提供している店舗など約180カ所を調査する予定。このうち、飲食店では焼肉店が中心となるが、居酒屋などでも生食で牛肉を扱っている可能性があるため、さらに実態を調べるという。

 この日は市内のスーパーの畜産部門に同市生活衛生課の職員3人を派遣した。このスーパーでは生食用肉は扱っていないが、啓発も兼ねて訪れた。

 調査は、肉の表面をそぎ落とし、菌を取り除く「トリミング」の実施の有無や、従業員らの手指の洗浄の徹底など、14項目を担当者から細かく聞き取ったが、基準は守られていた。

 同店によると、生食用肉は衛生管理が難しいといい、販売は以前から行っていない。顧客からの要望もあるが、全て断っているという。男性社員(45)は事件について「生食用肉としてそもそも流通していないのに、お客さまに提供していたのは疑問がある」と首をかしげていた。

 県も10日から、奈良市以外の地域で立ち入り調査を本格的に始める

日光宿泊 日光イン

浜岡原発


赤坂居酒屋

赤坂居酒屋

鉄なべ餃子

鉄なべ餃子


会津若松居酒屋

郡山居酒屋

仙台居酒屋

吉祥寺居酒屋

恵比寿居酒屋

宇都宮居酒屋

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋

伊勢崎居酒屋

前橋居酒屋

高崎居酒屋

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋

厚木居酒屋


相模原居酒屋

関内居酒屋

藤沢居酒屋

平塚居酒屋

大和居酒屋

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

自由が丘居酒屋

目黒居酒屋

下北沢居酒屋

高崎居酒屋 会員、10年で4割減 田辺飲食業組合

田辺飲食業組合の組合員数は、ここ10年で約4割減少した。長引く不況や大手外食産業の進出で経営が悪化する店が増え、組合離れも進んでいるためという。

 田辺飲食業組合の2010年度組合員は230人で、2000年度の383人から約4割減少した。ピーク時からは半減している。

 影響が大きいのは景気低迷による遊興飲食費の減少。ある居酒屋は「常連さんもビールの注文が3本から1本に、週3回の来店が1回になった」とため息をつく。

 回転ずしや中華料理などチェーン店の相次ぐ出店も直撃。組合の会費は月1250円で2カ月ごとに引き落とすが、口座に2500円の残高がない店もある。3月末で廃業する店もあった。

 一方、田辺保健所の調査によると田辺市内の飲食店営業許可件数は3月現在1225件で、記録のある中で一番多かった04年度の1243件と大きな変動はない。

 かつて開業した店舗はほぼ飲食業組合に加入したが、最近は勧誘しても「メリットがない」などとして拒否したり、早期脱会したりする例が増えた。

 橘勝太郎組合長(83)は「相互協力で業界を盛り上げる組合の狙いが理解されていない」と嘆く。組合の新たなサービスを検討する声はあるが、「はやっている店とそうでない店の二極化が進む」と消極論もあるという。

 同組合が期待を寄せるのは、田辺市がJR紀伊田辺駅に建設予定のビジターセンター。橘組合長は「関係業種と横の連携ができれば利点は大きい」と組合事務所の入居に前向きな姿勢を見せている。

 組合とは別に、飲食業を活性化させる新しい動きもある。まちづくり会社「南紀みらい」(田辺市湊)は特色のある料理を紹介した地図やイベントを企画。その成果は未知数だが、食べ歩きイベント参加店からは「初めての客が多くPRになった」「リピーターが生まれた」などの声も出ている。
プロフィール

Author:居酒屋くん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。